筆耕ほぼ日一番手書き賞状弔辞過去帳宛名書き目録即日大阪

6・★ 過去帳@のほぼ毎日通販・記入記帳の専門店         ー       
4◆過去帳Aほぼ毎日    ほぼ日   ー 
3・◆親が生きてる間に     −
1・★面白い・おかしな賞状 筆耕・ほぼ毎日        ー
5・◆式場で最高の感謝状筆耕          − 
2★婚礼招待案内状一枚よりスピードで      ー

7・◆ 新角印押し器の通販 人気上昇中
8・◆式場で両親に大感謝状の筆耕        −
9・◆禁酒・断酒に効く賞状筆耕?アルコール?  − 
10 ・◆「卒業・終了」◆名入れ即日翌日指定日に早く          ー
11・◆表彰状・感謝状筆耕・とくとくコース          −
12◆ 強力 出張筆耕◆        即日翌日指定日OK   ー

16”表彰状感謝状賞状の筆耕文例       −
14.◆表彰状筆耕の文例ばかりを集めました。         −
15・◆賞状の文例ばかりを集めてみました。         −
13・◆表彰状・感謝状・賞状筆耕のサンプル          −
17・◆感謝状筆耕のボランティアコーナあり         −
18・◆経営理念・社訓の筆耕コーナー        −

19・★筆耕簡単メール コーナー         −
20◆目録格安速い即日  ー        
21・◆式場で泣かせる 賞状筆耕         −
22★表彰状センターの会社地図★        ー  
23・★生前のペット・愛犬に        感謝状★         ー 
24・◆特定商取引に関する法律に基づく表

25・ ◆超便利な「総務課」コーナーほぼ日     ー     
26・◆弔辞筆耕が  ほぼ日          ー
27◆妻への詫び状筆耕?さあどう書きますか。   ー      
28★手書き式次第      ー
29・◆賞状筆耕 もう明日まで待てない人はここから。     ー
30・◆命名書ほぼ毎日即対応


★ヘッダーをポイントすると今話題の「新カンタン角印押し器」にとびます。★

●実は最近「断酒」「禁酒」について何か良い方法はないかと頻繁にご相談が当方によくきます。

★パートとして働くようになって、一週間デジの研修をうけやっと現場に着いたのはいいが、
さて実際にお客様を相手にした場合、なかなか研修通りには行かず、
同僚とも馴染めず、結局現場に復帰できなかったという、話をよくききます。

また一方で
★今更言うまでもなく職場での人間関係・仕事の段取りのわるさ・上司とのもつれ合い
先輩・仕事のできる同僚からのいじめ等
特に最近は職場での複雑な仕組みで、一段とその組織になじめず、
悩む方が激増している事を良く聞きます。

自分で悶々とする中、誰に相談もできず、つい飲酒にはまりこんでしまう。
ーーーーー実は これが現実なんです。ーーーーー

男性の断酒・禁酒はよく耳にしますが、特に女性の方にアルコール依存症になる方が多いとの事を聞きビックリしております。

 その葛藤から逃れる為ついアルコールに手を出すケースがふえてくることになるのでしょう。

ご相談の中から実は家族ぐるみでこの禁酒の件で悩んでおられます。
しかし当店の提案でこの件について徐々に解決の目途が
ついたとのことで非常に喜んでいただいております。

とにかく とにかく一日でも酒を飲まなくなってきた兆しがみえてきたら、
ほめてあげること。これに尽きます。

実はこの単純な積み重ねが、徐々に酒から離れていくことになります。

それには何より家族の協力が必要です。
しかしそこに行くまでは尚、遠い道のりでもあります。

ーーー●何故なら本人が一番なやんでいるからです●ーーー

ーーー★この下にあるのが、「断酒」を段階的に止められた体験に基づく見本例です★ーーーーー
決してあせっては成りません。実は本人が一番苦しんでおられます。
毎年少しでも進歩が見られたらこのような「表彰状」を段階的にひとつづつ本人にさし上げることにより一段と自身努力をされることでしょう。

ーーー●決して努力しなさいとか、頑張りなさいとかは、言ってはなりません●ーーー

この件に関しては徐々に解決していかなればなりません。
なぜ あれほどの きついアルコール依存症が治ってきたか。
そのストーリを順を追ってお話していきます。

● 額縁付きでA3サイズで¥7000 翌日お届けOK ●
●エンボス特別紙仕上げで 額縁付きで A3 ¥10000●

断酒・禁酒の賞状は少しでもその兆しが見えてきたら、「ほめ言葉」をさしあげてくだされ。
●上記の賞状を出し続けて早や4年 それまで毎年一年ごとに日付を変え内容も変えて「表彰状」を贈り続け徐々に吉岡家に笑顔が帰ってきました。●

それまでの3年間は紆余曲折それでも やっと4年目に吉岡家に光がみえてきました。

家族全員の献身的な努力と本人の努力もあいまって
アルコール依存症が徐々にぬけつつあります。

人間は口では絶えず「断酒」「断酒」と唱えながらも
瞬間に消える言葉は、よほど意識をしないと頓挫していまいます。
多くの「断酒」の失敗は目に見える形=「表彰状」での掲示がない為に、
また、「断酒」をする本人を一日でも断酒をしたことを周囲の者が賞賛する気構えが持つことも重要の様です。
先ずは実践そして本人を絶えず、一日でも断酒したときは褒め称えすることこれに尽きます。


COPYRIGHT(C) 表彰状センター ALL RIGHTS RESERVED.